×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

発毛チャレンジ・実践者のための徹底研究サイト

かならず方法論はあります。

「正しい情報」と「判断力」と「強い意志」と「行動力」があれば、発毛は実現するのです。

 

●実践01[外側] 頭皮に悪いものを遠ざける。

大手も含め、発毛サロンでの基本は、「頭皮の皮脂その他の汚れを落としましょう」。たしかに正論ではありますが、それだけではNGだという「統計」があるのも事実。加えて、ケミカル(化学物質)のシャンプーは、モノによっては、それ自体が頭皮にとって「危険な存在」でもあります。

髪の毛を洗ったりケアをするのに何を使うべきか?何を遠ざけるべきか?その選択は発毛の「第一ステップ」です。

筆者は、体も髪も「アレッポの石けん」一本で洗っています。最初は髪がきしきしする感じがしますが、体というのはおかしなモノで、だんだんと慣れてきて違和感がなくなるんです。だから、石けん一本でOK。もちろんリンスもナシ。

発毛に必要な要素は、まずざっくり2つに分類できます。①外部環境=皮膚(頭皮)の環境です。抜ける原因を消去していきます。②内部環境=髪は体内でつくられます。健康を害することは抜け毛と直結します。

以上の分類から、発毛チャレンジの実践のために必要な要素を、以下整理してみましょう。

●実践02[内側] 「発毛は実現する」という「イメージ」を固める。

抜け毛とストレスは密接な関係があります。メンタルの問題と髪とはリンクしているんです。

だから発毛とメンタルもまた密接な関係があります。いかに「発毛のイメージ」を持つか?いかに「発毛への信念を持つか?がひとつの勝負どころです。

実際に発毛を実現させた人の成功事例とその人なりのノウハウを知ることは、自分の中に「成功イメージ」を描き、固めるのにパワフルな役割を果たします。

Eブック 【ハゲからの生還 育毛発毛大作戦!!】メールサポート付

Eブック えっ!ストレスでハゲが治る!育毛の常識を超えた超発毛法  ←タンパク質ストレスのことです。

Eブック 清水式育毛・発毛プログラム


その他いろいろありますが、上記のはどれも良質の情報です。直感的にピンと来たのをひとつ、しっかり読み込んで「発毛をイメージする」。少し出費ですが、長い目で見るとこれは「発毛の近道」で、結局安くつくことになるわけです。

●実践04[内側] 必要な滋養をとる。

薄毛は、髪が異常に(生えてくるスピード以上に)抜けるから生じる現象です。

なぜ異常に抜けるのか?これは、体からの「シグナル」「メッセージ」に他なりません。健康上の何かを「体が訴えている」から抜けるわけです。

まずひとつめ。ある種の「栄養不足」が原因です。とはいっても、ふつう一般に考えがちな栄養不足ではなく、カロリーその他の栄養は十分過ぎている、でも、健康を維持するために「重要な栄養素」が足りてない。ということは、多くの現代人に起きている現象です。「不可欠なほんとうの栄養」とは何か?これが発毛へのカギになります。

●実践05[内側] 基礎体温・きれいな血液・丈夫な内蔵。

次に、栄養だけでなく、最近よく言われる「血液がどろどろ」「酸素不足(呼吸が浅い)」「自律神経の失調」「内蔵の疲れ」「ストレス過多」。こういった「体の機能の低下」と「異常な抜け毛」は直接の相関関係があります。

実際、真の意味で「健康な人」には、薄毛はあり得ません。では何をするべきか?巷に溢れる健康法から手探りする愚は避け、自分に合った、「必要なことだけ」に取り組むべきです。それが「確実な発毛」への最短距離です。発毛は、「やるべきことをした人は必ず実現する」のです。

発毛メソッドシークレッツ

あるいは左の「万田酵素」入りの石けんなどもいいかもしれません。万田酵素は長い実績のある「体にいい酵素」です。体にも髪にもプラスに働いてくれそうです。

万田発酵の原点は、瀬戸内海の因島 (いんのしま) で元禄時代(西暦1700年頃)から10代にわたって続いてきた、日本酒「万田」の造り酒屋です。長年培ってきた醸造の知恵と技術を土台に、23年間にも及ぶ研究を積み重ねて完成したものです。「万田酵素」は一般的な発酵食品と違って53種類以上の素材を発酵させています。

●実践03[外側] 頭皮「へ」ではなく頭皮「から」滋養を与える。

ある種のケミカルはキケン。遠ざけるべし。さて、ではどうやって発毛の土壌を育てるか?ここがキモのひとつです。皮脂が悪い、として、出た皮脂を除去するのか?そもそも皮脂が出ないようにするのか? 育毛成分を頭皮から入れるとして、「育毛剤」はほんとうに効果的な育毛成分なのか?ここにも発毛の答えが潜んでいます。

現代人の体は、栄養過多であると同時に、栄養失調でもあります。どういう意味かというと、カロリー過多で滋養不足(必要なミネラルなどが足らない)なのです。人によって、どんな滋養が足らないか?は違うので、自分の体質を理解しながらいろいろ試すしかありません。

市場にはいろんな育毛剤・発毛剤が売られています。工場で「髪に必要な成分だけを抽出・合成した」ものはムダがなくてOK、と考えがちですが、実は天然の「不純物も含めていろいろ入っているもの」こそが理にかなっている、というセオリーもあります。育毛剤で改善している人もいるのでなんともいえませんが、ここは「自分に欠けている成分は何か?」と問いかけて、ノンケミカルな「滋養分」を探してみましょう。

ポイントは、頭皮「へ」時用を与えるのではなく、頭皮「から」体内へ滋養を届けるのです。

ハゲがいないといわれるアステカ族のインディアンが500年前から活用してきた民間療法から生まれた石けん「ナンダモ」は要チェックです。

メキシコの高山地帯に自生する10種類の薬草からハーブを抽出し、80%が手作業によって作られる天然ハーブ100%の固形石鹸です。

「生物ミネラル=バイオ・ミネラル」。ミネラルウォーターなどに入っている「鉱物ミネラル」に対して、植物から抽出されたミネラルが生物ミネラルです。その超高質ミネラルが「ライフミネラル」

野生生物ミネラルは、ミネラルバランスを保つために50種類以上の「生命力の高い野性の植物」を特殊な方法で約2000度の高温で熱して作られるミネラルマグマそのものでできています。